債務整理で借金を整理

未分類

債務整理で借金を整理するにも、何種かの方法が考えられます。

元金は払えるので延滞損害金や利息のカットだけを希望するのか、そうではなく元金を減らしてほしいのか、そもそも金額は関係なしに支払い自体続ける事が不可能なのか。
各自の置かれた状況によって適した方法も違います。

自力で手続きしようと思えばできますが、懸念事項が少なくないなら弁護士や司法書士といった専門家にアドバイスを受けるといいでしょう。

もし、債務整理をしたのであれば、その負担を軽くすることができます。けれども、金融事故として信用情報機関にこの情報が載ってしまいます。
どういうことかと言うと、ブラックリストに名前が載っていることになるので、借入やローンの審査で落とされるようになります。短くとも5年間はブラック状態が続くので、覚えておきましょう。

債務整理時に必要な費用ですが、依頼する弁護士や司法書士によって変わります。

例えば、任意整理ですと、まず債権者1社につきいくらという基本料金が設定がされており、なおかつ、減額された金額の何パーセントかを、成功報酬というかたちで支払わなければなりません。基本料金についてですが、債権者や債務総額に関係なく固定料金として請求されます。ですから、大した減額が期待できない相手に対しても任意整理の幅を広げてしまうと、結果的に赤字になるケースもあります。債務整理の手段全てと同じで、自分で過払い金返還請求をする事は可能です。

この手続きでは、まず取引履歴の開示請求をしますが、その際、ゼロ和解を持ちかけられる可能性があります。

ゼロ和解とは、残債をゼロにする事をもってこの話を終わらせようという申し出です。了承するとしても、取引履歴の開示前なら発生している過払い金がどれだけなのか不明に終わってしまいます。軽はずみにゼロ和解をすると結果的に損となるリスクがあります。

任意整理と民事再生は、いずれも債務整理をする手段の一つです。

主な相違は、元金が減るかどうかでしょう。
任意整理については債権者と債務者が話し合うことで将来利息を免除して返済総額が決められ、毎月支払っていく方法で、通常は借りている元金を減らすことはできません。

かたや民事再生では返済計画を検討して裁判所に提出を行い、認められたら減額された元金に対して残りの返済を行っていきます。借金の総額を減らすことができたり、状況いかんでは帳消しすらあり得る債務整理ですが、生活は楽になる一方で、その性質上、自己破産は言うに及ばず、個人再生を行った際にも官報へ住所氏名が記載されることは免れません。
毎日発行されているわりに一般人が見る機会はほとんどありませんが、破産関連の情報が官報に記載されていることは周知の事実で、誰でも自由に見ることができます。

いったん手続きを開始すれば後戻りはできませんから、もしどうしてもやらなければいけないにしても、それなりに腹をくくる必要があります。

心が休まらない借金だらけの暮らしから自由になるためには債務整理をするという道があります。債務整理とは、任意整理、民事再生、自己破産の3手続きを包括した言い方です。それ以外に過払い金請求も含んで債務整理と言うこともあります。
ひとつひとつ違う手続きなので、下調べを忘れずに行い、自身のケースに適した方法はどれか選んで、良い結果となる借金の債務整理にしましょう。

もし債務整理すると、仕事に悪影響が出るのではないかと考えて、債務整理することに躊躇いがある人も珍しくありません。
しかし、実際のところ、債務整理の事実が会社に伝わる可能性は低いです。
債務せいりの中でも任意整理を行ったのならまず大丈夫だといえます。他の債務整理(自己破産や個人再生など)の場合でも、債務整理を依頼した専門家ときちんと話し合い、問題なく手続きが進めば、会社に知られることなくさいむ整理を終わらせられます。逆に多重債務のまま仕事を続ける方が危険だといえます。

無事に債務整理が済んだ後ですが、この事実が信用情報機関に残されます。

具体的には「ブラックリスト」に名前が載ってしまいますから、しばらくはクレジットカードや銀行ローンを利用することが困難になると知っておいてください。

ちなみに、債務整理をすると情報が信用情報機関から消えるまでおおよそ5年は見ておく必要があります。

時々、勘違いしている方がいるのですが、独身時代にさいむ整理をした人は、一緒になった配偶者の苗字になったからといってブラックが解消されるようなことはありません。

審査の時には名前はもちろん、生年月日やその他の個人情報を参照して信用情報に事故歴がないのか調べます。
このように、審査では名寄せが行われるのが一般的です。

ですので、配偶者の苗字になったところでブラック状態は続くと思っておいてください。裁判所を通じて行う個人再生と自己破産では、すべての借入先を整理対象としますが、一方で任意整理を行う際は債権者ごとに個別に交渉を行うことになっているので、かならずしも債権者すべてを対象とせず、どちらかというと大きな減額が見込まれる債権者を優先して交渉を行い、債務総額を減らしていきます。しかし減額交渉は任意ですから、もし債権者がいやだと言えばその債務については減額は見込めません。
個人再生手続きの手段ですが、これは弁護士に依頼するのが一番迅速です。弁護士に依頼することで、大部分の手続きを担当してくれます。
途中で裁判所へ足を運んだり、債権者とのやり取りをする場合もありますが、余計なことはほとんど弁護士にお任せすることができます。
カードローンなら自己破産が差し押さえなら